/ 300ページ

【1】

(1/25ページ)

【1】




「勘弁しろよ――」

 眼前に迫り来るは炎の壁、自分の背丈の倍はありそうな燃え盛る火炎だ。

 まるで、炎でできた特大の津波が押し寄せてくるかのようだった。

 防衛本能に後押しされるよう、俺は自身に可能な最大の防御体勢を取る。というか実質、自分にはこれしかないわけで、勿体ぶっているでもないのだ。


 炎が身体に到達する間際(まぎわ)、膨れあがるように何かが自分の外部を覆っていった感触がある。それが押し寄せる熱波から我が身を守る盾となった。

 一体どれほどの火力なのか想像にも及ばないが、生身でその炎を受ければ消し炭となっていたのだけは明白だ。


「おー! でたよアストロン!」

「まじで芸がないよなぁ。
 まっ、玄田はあれしかできねぇもんな」

「ていうか、いつ見ても埴輪(ハニワ)なんだけど。
 ほんとウケル」


 外野が笑い事みたく、好き勝手言ってやがるのが微(かす)かに聞こえる。

 じゃあ、お前らなら今の一撃に耐えられたのかよ――と、啖呵(たんか)でも切ってやりたいが、今は口を動かす事すら侭(まま)ならない。いや、ぶっちゃけこの状態じゃあ呼吸すら危うい。


 今の俺を見て、外野の誰かが埴輪だとか称したのはある意味でとても的確だ。この時の俺は土の塊に包まれた、まさに埴輪というか土偶というか、そういう形態だったのだから。

 だがその土塊(つちくれ)があの途轍もない灼熱地獄から自身を守ってくれた。

 決して馬鹿にされる謂(いわ)れはない筈。――見た目が間抜け過ぎるのは認めるが。


 焼け焦げた表面の土質が、ぼろぼろと脆くなって崩れ去る。同時に俺は顔周りのそれらを力任せに剥(は)ぎ、数秒ぶりの空気を吸い込んだ。

 残り香のように、灼熱で膨脹した空気は肺が焼け付くぐらいに熱い。本当に大した火力だよ、まったく。

 目の前には、熱波のせいで大気が歪み、陽炎のように揺らめく人影。

 次第と炎熱の大気は退いていき、その姿が明らかとなる。


 俺は相手に向かって、内心の冷や汗を悟られまいと声高に叫んでやった。

「殺す気かよ!? さすがに人死にはまずいんじゃないっすかねえ!」

 相手が苦々しく舌打ちをする。

 いやいや、本気で殺しに来てたのかよ。どこの誰から俺の暗殺依頼でも受けてんだっつー話だ。

 その陽炎の向こうから姿を現したのは、美人過ぎて癪(しゃく)とも思える我らがクラスのマドンナ兼不良番長様である。

/ 300ページ

【1】

(2/25ページ)

みんなが送ったスター数

106

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ライトノベル