/ 25ページ

(1/25ページ)




「すごい雨……」




 突然の雨だ。



 会社からの帰り。
 駅のホームに降り立った時には、美しい夕焼けの空だったように思う。もしかしたら、そうあって欲しいと願っての幻だったのかもしれない。



 とにかく自分の靴ばかり見つめていたものだから、空の変化に気づけなかった。



 まだ擦り切れた場所もない新しい黒靴が、空から舞い降りた雫に濡れる。そこでようやく私は雨に気づいた。



 ただ束ねただけの髪に、次々と吸い込まれていく雨。



 流れてくれば、化粧も悲惨なことになるかもしれない。
 もう帰るだけで身だしなみを気にすることはないが、地面から跳ね返るほどの雨に、さすがに足が鈍り始める。



 帰ることすら億劫で、雨の中を走る人々をただ見つめてしまう。



 が、その時だった。

/ 25ページ

(2/25ページ)

みんなが送ったスター数

99

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー・オカルト