/ 68ページ

0話

(1/1ページ)

0話


ホテル街を抜けて路地裏へと入り、男は身を縮こまらせた。
落ち着こうと胸を擦るも、動揺と混乱が入り混じった心臓はドクドクと鼓動を続ける。
路地裏の隙間から見えるのは、夜明けを知らせる瑠璃色の空。

「…何やってんだ俺は」

顔を両手で覆い項垂れた男の名前は、橘 一瑠。

28年間平凡な人生を歩んできたと振り返ればそう思う。
顔も騒がれるほどのイケメンでもなければ、救いようのない不細工でもない。
言うなれば、中。
真ん中レベルの顔立ちだ。

優しい両親に育てられ、良い友人にも恵まれ、大学卒業後は人材アセスメントの会社に就職した。
今も同じ会社で働いている。
順風満帆な人生を歩んできた。
可もなく不可もない人生。
漫画のような人生を歩んでみたいなんて中二病みたいなことを思った時もあったが、平凡が一番だと実感してしまった。

たった今、橘は平凡とはかけ離れた出来事に対面してしまったのだ。

頭をガンガンと殴られる二日酔い特有の頭痛に襲われ、橘は思わずこめかみを押さえる。
混沌とする記憶の中で、間違いであってほしいと願った。

/ 68ページ

0話

(1/1ページ)

みんなが送ったスター数

323

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|BL