/ 227ページ

第1話 『トリップは突然に――』

(1/9ページ)

第1話 『トリップは突然に――』



 本当に突然なんだけど、アタシには『育児放棄された捨て子』だったと言う衝撃の黒歴史がある。



 本当の両親の事はもちろん知らない。
 事故で亡くなったのか、それとも事件に巻き込まれたのか。
 あるいは、生まれてくる事を望まれていなかったアタシを捨てたか。
 憶測だけならいくつでも上げられた。
 施設の大人達に聞いて周っても、その理由を誰も教えてくれなかった。
 いや、もしかしたら誰も知らなかったのかもしれない。
 どうしてないのかは今でも分からない。


 少し大きくなってから、自分についての記録を見た。
 アタシは新生児の時点で児童養護施設に預けられた事になっていた。



 それから、自分の名前――。
 アタシはいつの間にか、周囲に『千尋』と呼ばれていた。
 両親が付けてくれた名前かもしれないと思っていた時期もあった。
 でも、生まれてまもなく捨てられた自分に両親が名前を付けるなんて、そんな奇特な事はしないよなと5歳で悟った。
 それからは施設の大人が名前のないアタシに勝手に付けた名前なのだと考えるようにした。
 とにかく、アタシはいつの間にか『千尋』と言う名の身寄りのない少女になっていた。
    

 そして、物心がついた頃のアタシは常に一人ぼっちだった。



 今の両親は、どんなに頑張っても子供が出来なかったのだそうだ。
 アタシが6歳になった頃、児童施設にやって来てアタシを引き取ってくれた。
 そんな経緯があったせいか、『もらわれっ子』のアタシは、小学校で仲間外れにされたり、無視されたり持ち物を隠されたりと、まぁアタシは世間一般で言う『虐め』にあっていた。
 施設を出たばかりで孤独に慣れていたその頃のアタシは、別段それを何とも思わなかった。
 ただ教室の窓から見える空を見つめながらこんなことを想っていた。


『現実(ここ)ではない世界に行けたらな』って――。


 表面上では「どうってことない」とうまく取り繕っていた。
 それでも小さかったアタシの心の中には、常に周囲と交われない孤独と先の見えないこの世への絶望、どうする事も出来ない現実への諦めが渦巻いていたのかもしれない。
 今考えてみると、何て暗い思考回路をしてたんだろう。
 クラスとかでよく聞く『中二病』とか言うそれそのものだ。
 でもそんな考えも、父親の仕事の都合で何度となく転校する度に段々と薄れていった。
 転勤族だった父親には感謝してもしきれないくらいだ。
    

/ 227ページ

第1話 『トリップは突然に――』

(2/9ページ)

みんなが送ったスター数

165

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ライトノベル