/ 16ページ

(1/2ページ)

――――っ、―――――わよ―――。

遠く、ぼんやり声が聞こえる。
耳を澄ます。

「そろそろ、きつく言い聞かせた方がいいんじゃないの」
「そうなのかしら。でも、ほら、がーっと言っちゃうと、あの子、ダメになっちゃう気がして…」
「……」
「……」
「早く…早く今何が大切なのかに、自分で気づけたら、いいんだけどねぇ……」
「…そうだねぇ…」
カタン。
そっとテーブルに湯飲みを置く。
「学校、早く行ってくれるといいなぁ…」

/ 16ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

6

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春・友情