ハードボイルドデイズ

小説 お笑い・ギャグ

ハードボイルドデイズ

ジョニー・クレイジー

(8)

クールに行こうぜ!

完結

187ページ

更新:2016/03/26

説明

探偵の元には不可思議な依頼が舞い込み、あり得ないような出来事が日々起こるものだ。


常人には想像もできないような出来事ですら、珍しくはないのである。


事実は小説よりも奇なり。


これは決して大袈裟に言っているのではない。


俺の身に起こる事件の結末をひとつでも予想できたなら、これから君を名探偵と呼ばせていただこう。

この作品のタグ

作品レビュー

☆雪ノ嬢☆
☆雪ノ嬢☆さん
【作品】ハードボイルドデイズ in 川上村についてのレビュー

ネタバレ

執筆お疲れ様でした
ジョニーさんの作品は前から気になっていたのですが、イベでご一緒させて頂いたのを機に読ませて頂きました。

結論としては私とは笑いのツボが違うようで微妙だったんですが、この手のギャグ好きの方には面白い作品だと思います。

ただ、若干ありきたりなネタが入っていたことと、一日目のギャグというかネタは女性受けしにくいのではないかと思います。
というかそれが一番ありきたりというか、男性作家(漫画家含む)がよく使うので初っぱなで使うのは一部の読者を逃すのではないかと思いました。
後、予想がつく展開も結構あったのでギャグでいくなら意外性を出してもらえたら私のような者でももっと楽しめるかと思います。

川上村用の短編という訳ではなく別の作品の川上村バージョンということでしたので、一意見として書かせて頂きました。
生意気にすみません
そう感じる人も居るんだなぁ、程度に思って頂ければ幸いです。

※誤解のないように……
作品自体つまらなかった訳ではなく、くすりとしてしまう部分も多々ありました。
これからも読者を楽しませる作品作り、頑張ってください

もっと見る

2013/01/01 13:47
コメント(1)

ジョニー・クレイジーさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント