猫耳に聴かせる俺の挽歌

小説 ファンタジー

猫耳に聴かせる俺の挽歌

猫耳に聴かせる俺の挽歌

不居

(6)

きみの笑顔がそこにある限り。 俺の夏は、まだ終わらない。

完結

117ページ

更新:2014/02/02

説明

.


人々から妖怪アパートと呼ばれ、誰も近づこうとはしない山奥の建物。

偏屈者ばかりの入居者達が、必死で守ろうとする美少女の秘密とは?


いにしえの伝説が紐解かれる時、
俺たちの最初で最後の大戦(おおいくさ)が幕を開ける。




※9/28表紙画描きました。でもやっぱり上手に描けないから、誰か優しい人描いて欲しいです。

※10/19完結しました。読んで頂いた方、ありがとうございました!


.

この作品のタグ

作品レビュー

不居さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント