このページのリンクアドレス

エブリスタ
夕刻、五時の鐘がなったらおうちに帰ろう。

小説 ミステリー・推理

夕刻、五時の鐘がなったらおうちに帰ろう。

天田流海

(8)

重なりあった「違和感」は、やがて「恐怖」へ形を変えるーー。

完結

145ページ

更新:2017/01/01

説明

重なりあった「違和感」は、やがて「恐怖」へ形を変えるーー。

新年度近い、三月中旬。
留年が決まり、物件探しをすることになった大学生、渡波。出会ったのは、何やら「訳あり」な格安物件。

来月からの高校入学を控え、新しいマンションに引っ越してきた中学生、風名。始まったのは、何やら「訳あり」な同居生活。

過去に起きた殺人事件をめぐって、二人の日常は少しずつ影を差していくーー。

悪夢と友情の怪奇ミステリー。

この作品のタグ

作品レビュー

天田流海さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません