このページのリンクアドレス

エブリスタ
サーシャの光

小説 ホラー・オカルト

サーシャの光

空音りん子

(1)

二人の少女の闇と光

連載中

132ページ

更新:2017/07/20

説明

 田舎町に暮らす貧しい少女、サーシャには美しい親友がいました。
 金色の髪、緑色の瞳、そして町に災いをもたらしたという魔女そっくりな顔を持つ少女、フィオナと幼い頃から強い絆で結ばれていたのです。

 けれど町でなにか悪い事が起こるたびにその責任は全てフィオナのせいにされていました。
 町の人々はフィオナが魔女の生まれ変わりであり、彼女が町に呪いを掛けていると考えていたのです。

 サーシャはフィオナのことをかばい続けるけれど、ある日彼女に絶交を言い渡されてしまいます。そしてそれ以来、彼女の身に恐ろしい出来事が次々と襲い掛かるようになるのでした。

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント