このページのリンクアドレス

エブリスタ
エール・ガール~晴菱学園高校応援部恋物語~

小説 恋愛 学園

エール・ガール

エール・ガール~晴菱学園高校応援部恋物語~

虹川れあ

(2)

恋するイノシシっ娘は一目惚れした彼のため、応援の世界に飛び込みます!

完結

196ページ

更新:2016/11/30

説明

12/22付新作セレクション・学園カテで取り上げていただきました。
ありがとうございます!

*角川ビーンズ大賞参加作品*

惚れっぽくて猪突猛進な「イノシシっ娘(こ)」桐ケ谷いつき。
イノシシは我慢と決めた高校生活は、一目惚れから始まる。

意中の彼・辻晃が率いるは、晴菱学園応援部。
お近づきになりたいいつきは、応援の世界に飛び込んだ!

どんな応援でも万事オッケー、ウェルカム!

イノシシっ娘の応援は彼に届くのか?

青春応援恋物語、始動!

2016.12.27よりシリーズ設定させていただきました。

*表紙絵提供*
mimori様のフリーイラストをお借りしました。[リンク]
快く貸していただき、ありがとうございます!

公開開始 2016.11.20
完結   2016.11.30

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

uta
utaさん
【作品】エール・ガールについてのレビュー

ネタバレ

「あんたが好きなの。付き合って!」

そんな冒頭から始まる物語。
好きになったら一途で、自分の気持ちを止められない。
恋多きイノシシっ娘であるいつきちゃんの、青春と恋のストーリーです。

突っ走ってしまうイノシシの性格を抑える!と宣言した最中、運命の出会いをしてしまいます。
それが団長――、応援部の部長である晃です。

一瞬で恋に落ちてしまいますが、中学での教訓を生かし、自分の気持ちを必死で抑えます。
ですが演舞でのかっこいい姿を見てしまったり、自分の頑張りを褒めてもらったりしたら、更に惚れちゃうってもんですよ!って感じですが、さりげに距離を置かれたり、突き放されたり……。
晃の言動にもやもやと、いつきちゃんと共に読みながら私もなってました。

晃には晃の悲しい恋物語があり、それをずっと引きずっていた訳ですが、それを払拭させた時のいつきちゃんはかっこよかった!

抑えていたイノシシっ娘が発動してしまいましたが、バシッとダメなところを晃に言い、その彼の代わりを務めたいつきちゃん。
そんな彼女の姿を見れば、晃も元気を、応援をもらえるよねと思いました。

応援部に所属する翔太、音羽さん、依鈴さん。女帝と呼ばれる季和さん。それぞれが素敵な個性があり、ひとりひとりがこの作品を際立てていたと思います。

また恋愛だけでなく、部活動である応援部での活動シーン。
それは目の前で映像が浮かぶ程に、かっこいいです。
ここも読みどころのひとつであります。

そしてこの物語で大切な『応援』
応援ってその人によって違うし、応援の仕方も違う。
でも不思議なもので、応援してもらえると無条件に元気がもらえて、笑顔になれる――。

深く考えさせられると共に、心温まる物語でした。

最後、無事に晃と付き合えるようになったいつきちゃん。
晃のヤキモチと共に、甘々な展開にニヤニヤ。
いつまでも仲良く、お互いの応援を受け取って欲しいなと思います。


長々とレビューを失礼しました。
素敵な物語をありがとうございました。

もっと見る

2017/01/10 22:40
コメント(2)
ひなねこ@かなたヽ(´▽`)/
ひなねこ@かなたヽ(´▽`)/さん
【作品】エール・ガール~晴菱学園高校応援部恋物語~についてのレビュー

ネタバレ

(応援)

――先輩を好きなあたしを、応援して――……

イノシシっ娘 いつきは、猪突猛進。応援部という世界で、応援の意味や、恋を知って、更なる恋に突っ込んで行く――。

恋愛と青春(応援)が巧く融け合っている青春学園ストーリーでした。

色々な応援の仕方や、応援とはなんぞや?と(応援)しながらも考えています。

応援って、さじ加減が難しい。
その人にはその人なりの「頑張りの指針」があるわけだけども。


ヒロインのように「走る走る!」応援は悩ませず、時に余計な一言で発憤させ、答えをもぎ取り、真っ直ぐに突き刺さる。

特に辻先輩のような、自分が如何にダメか、ダメなところから目を逸らさない(ある意味融通きかない)男には、キラキラ輝くまっしぐらないつきの心はたまらん魅力があるのでしょう。

「ふにゃふにゃ」言い切られちゃってあらまあ。

それはかつて、ひなを想っていた自分と別れて歩き出せる道しるべ。
想い出に縋り付いて路頭に迷った心に突如現れて、まっしぐらに応援してくれた女の子。

ああ、こういうお似合いカップルもいいなあ、と思わせられます。

それにちょっと腹黒い。でも、きゅんレベルのお茶目さん。

恋には、気持ちも必要だけれど、勢いも必要。
勢いと、元気良さで辻先輩を惹きつけたいつき、お見事!


頭空っぽにして、まっしぐら。そんな気持ち、忘れて……ないか(笑)
今までもこれからも、まっしぐらに生きて行こう、と思えるかも知れません。

最後に。

――応援て何でしょう? 難しく考える必要はないのです。
良いモノは良いよと、声を掛けてあげれば良いだけ。

作者さまのまっすぐな心意気見せて戴きました。

また構成までイノシシっ娘なところも必見です。
絶対面白い。応援部のエール、貴女にも届くでしょう――。

11月末、最後まで走り続けたもう1人のエール・ガール(エール・レディ)に今までもこれからも心からの応援を!

師走にぴったんこの応援物語でした。ありがとう!


やなせ

もっと見る

2016/12/10 22:39
コメント(1)

虹川れあさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント