このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

俺と彼女の少々捻くれた青春群像

小説 ライトノベル

俺と彼女の少々捻くれた青春群像

遠野蜜柑

新たな家から通う、新たな高校の始業式の朝。俺は彼女と出会ってしまった。

休載中

78ページ

更新:2017/01/16

説明

 新たな家から通う、新たな高校の始業式の朝。俺は彼女と出会ってしまった。
 小鳥遊由海(たかなし ゆうな)と出会ってしまった。
 玄関から顔を出すなり彼女はこう言った。

「おおお前もわたしのこと、股の緩い女だって、ばばば馬鹿にしてんだろ!」
「…………」

 この邂逅をきっかけに、俺は彼女と彼女にまつわる様々な人たちの思惑が入り混じる、キナ臭くて厄介な事件陰謀に巻き込まれていくことになるのだった。
 ……出会わなければよかった? いや違うぜ。
 俺が彼女の隣に越してきた時点でそいつはもう始まっていたんだから。

 そう、つまりは手遅れってやつだったんだよ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

遠野蜜柑さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント