エブリスタ

【monokaki新連載】平成小説クロニクル

2018/05/17
いつもエブリスタをご利用いただき、ありがとうございます。
エブリスタによる物書きのためのメディア「monokaki」にて、新連載『平成小説クロニクル』がはじまりました。

まもなく終わりを告げる「平成」とは、どんな時代だったのか。この時期に書かれた小説を読み返しながら考えていきます。
文筆家・仲俣暁生が、「平成」を象徴する小説家を毎回、二人ずつ取り上げます。初回の作家は、宮部みゆきと恩田陸。『ミステリーがファンタジーを内包しはじめた時代』とは一体……?

▼新連載 『平成小説クロニクル』はこちらから


▼その他の連載一覧

【特集】
◾️Web時代の作家たち
現代の作家たちが何に葛藤し、どうやって作品を書き続けているのか、その核心に迫ります。
◾️新人賞の懐
応募者の「よくある疑問」を直接尋ね、新人賞選考側の真意を聞いていきます。

【創作ハウツー】
◾️おもしろいって何ですか?
物語をより"おもしろく"するための工夫を、実際にヒットしている作品から学びます。
◾️ものかき未満
ものを書くことの初心者・スタートに立つための情報をお届けします。

【小説レビュー】
◾️Web小説定点観測
あらゆるWeb小説を観測し、キラリと光る作品を発掘して紹介します。
◾️WebBL定点観測
あらゆるWebBLを観測し、キラリと光る作品を発掘して紹介します。
◾️デビュー作を読む
「作家のデビュー作」だけを読み、作品の紹介と真意に迫ります。

【コラム】
◾️Web小説の森
Web小説を詳しく知らない人に「あなたの知らないWeb小説の世界」をご紹介します。
◾️Editor's Letter
編集長が『monokaki』に込めた思い、monokakiの挑戦について語ります。

Twitter・Facebookをフォローすると、いち早く新着情報を手に入れられます!
▶︎Twitterはこちら
▶︎Facebookはこちら


monokaki」では、プロの作家・編集者へのインタビュー、
Web小説のレビューから、皆さんの創作に関するお悩みに答えるハウツー記事まで、
「書きたい気持ちに火がつく」記事を配信していきます。
毎週火曜日、木曜日に更新予定ですので、ぜひチェックしてみてください。
今後ともエブリスタをよろしくお願いいたします。