エブリスタ

【monokaki特集】末満健一インタビュー

2018/08/02
いつもエブリスタをご利用いただき、ありがとうございます。

いつもエブリスタをご利用いただき、ありがとうございます。
エブリスタによる物書きのためのメディア「monokaki」が贈る、プロの作家に創作の秘密を聞く連載、「Web時代の作家たち」。

第3回目は、「刀剣乱舞」など超人気シリーズの舞台版を手掛けながら、自身のオリジナル作品「TRUMP」シリーズが10周年を迎えようとしている、劇作家・演出家の末満健一さん。
いま最もチケットの取れない作演家の一人である氏は、自身の作品を、あるいは他者の作品を、どのような過程でソリッドな舞台世界に組み上げているのでしょうか?
また、「原作モノをやるときは、ぎりぎりまで原作の言いなりになりたい」理由とは?

記事はこちらから
末満健一インタビュー 人生を解釈する光みたいなもの



過去の特集記事
「R-18文学賞」西山奈々子 書く時間よりも、直す時間をたくさん取ること
「Project ANIMA」上町裕介 創作の楽しさを今一度思い出そう
早瀬耕インタビュー 時間は連続しているのか、世界はほんとうにあるのか
阿部智里インタビュー 転げ回って泣きついて、それでも〆切は迫ってくる

特集一覧はこちら

更新情報は、Twitter・Facebookからも受け取ることができます。
▶︎Twitterはこちら
▶︎Facebookはこちら

「monokaki」では、プロの作家・編集者へのインタビュー、
Web小説のレビューから、皆さんの創作に関するお悩みに答えるハウツー記事まで、
「書きたい気持ちに火がつく」記事を配信していきます。
毎週火曜日、木曜日に更新予定ですので、ぜひチェックしてみてください。

今後ともエブリスタをよろしくお願いいたします。