エブリスタ

【monokaki特集】深緑野分インタビュー

2018/09/06
いつもエブリスタをご利用いただき、ありがとうございます。
エブリスタによる物書きのためのメディア「monokaki」が贈る、プロの作家に創作の秘密を聞く連載、「Web時代の作家たち」。

第4回目のインタビューイは、作家・深緑野分さん。
なぜ、時代も国も異なる世界の風景を、克明に描きだすことができるのか?
最新刊『ベルリンは晴れているか』もまた、1940年代の戦中・戦後ドイツを舞台にしている。校了直前の作業中の深緑さんを訪ねて、直接疑問をぶつけてみました。

記事はこちらから
深緑野分 インタビュー 「自分が読みたいもの」を突き詰めると、扉が開く


過去の特集記事
末満健一インタビュー 人生を解釈する光みたいなもの
「R-18文学賞」西山奈々子 書く時間よりも、直す時間をたくさん取ること
「Project ANIMA」上町裕介 創作の楽しさを今一度思い出そう
早瀬耕インタビュー 時間は連続しているのか、世界はほんとうにあるのか

特集一覧はこちら

更新情報は、Twitter・Facebookからも受け取ることができます。
▶︎Twitterはこちら
▶︎Facebookはこちら

「monokaki」では、プロの作家・編集者へのインタビュー、
Web小説のレビューから、皆さんの創作に関するお悩みに答えるハウツー記事まで、
「書きたい気持ちに火がつく」記事を配信していきます。
毎週火曜日、木曜日に更新予定ですので、ぜひチェックしてみてください。

今後ともエブリスタをよろしくお願いいたします。