エブリスタ

【新刊】あやかし処の晩ノ飯

2018/12/06
いつもエブリスタをご利用いただきありがとうございます。
12月6日(木)、宝島社より、
「あやかし処の晩ノ飯 最後の晩餐、おもてなし」が発売です!



晩ノ飯

※外部サイトにリンクしています。

<内容紹介>
ぼっちの浪人生・夜彦は、夕食を食べに出かけたその足で、山奥に迷い込んでしまう。
あたたかな灯りに導かれ、
辿りついた料亭の名は――「晩年亭」。
そこは黄泉と現世の狭間で、死者に"思い出の料理"をふるまう店だった。
「……って俺、死んでないし!!」
人の"舌"を読んで味を再現する力を持つという、美貌の料理人・銀二と、
素直な妹の美月に囲まれ、店の手伝いをすることになった夜彦だが、
「晩年亭」には、死者&あやかし、様々な事情を抱えた客が訪れ――
読むと大事なごはんの思い出がよみがえる、ほっこりグルメ物語。


原作はコチラ:晩ノ飯
著者:三崎いちの
発売日:12月6日(木)
定価:702円(税込)
発行:宝島社

今後もエブリスタ作品が続々発売予定です!