エブリスタ
Satoriさん [「泣き顔の頁(ページ)は閉じて」へのレビュー]
2015/6/26
遅くなりましたが、完結おめでとうございます。
読み応えのある、素敵な作品でした。

舞台はアメリカ。
様々な人生が交わる場所"Prose"で愛すべき人たちに支えながら成長していく、ひとりの女の子を描いたヒューマンドラマ。

Proseでの仕事を通し、初めはただあたふたしてばかりだった瑠奈が、失敗を繰り返しながらも少しずつ自信を持ち、少しずつ積極的に変化していく姿には励まされます。

キャラクター心理がしっかりのった読みやすい文章で、主人公と同じ視点をもって物語に浸ることができました。
恋に気付き、相手の行動ひとつひとつに惑わされる様を描いた描写は秀逸で、動作としては「ただ触れた」だけでも、読み手に動揺や興奮をキャラクター目線で感じさせる力がある。

個人的に好きなシーンはP534からのメッセージ。
想いの深さをいちばん感じたシーンです。

恋愛や人間模様以外にも、海外生活や文化に関しても丁寧に描かれていて、読んで学ぶことも出来てしまう、盛り沢山な内容。
こちらもなかなか知ることが出来ない貴重な情報ですので、海外生活に興味がある方にも是非おすすめ致します。

関連作品『フラワーガールの恋』も続けて読ませていただきたいと思います☆
コメント(1)

このコメントへの反応

関連リンク