エブリスタ
鳥島烏(とりしまからす)さん [「夜蝉」へのレビュー]
2018/1/14
蝉の儚さ、大人になるにつれて新たに出てくる「不安」や「焦燥感」を重ね、
更には上京という経験する人が多いワードを絡めているところが素敵でした(*´ω`*)

蝉を鳴いているではなく、泣いているように思い、蝉に負けないくらいに泣いてしまう主人公。
でも、私は「今後、この人は1つ1つの問題を乗り越えていけるんだろうな」と感じました。

不当な物事に対する不安、将来への不安、自信の欠如…私も経験あります。笑

人間もたかだか生きて100年、蝉も7日、体感時間的にどれくらいの違いがあるかは分かりませんが、
どうせ生きるなら絶望にのまれることなく、生きたいですね。

短編ながらに考えさせていただける作品でした。ありがとうございます(*゚∀゚*)
コメント(4)

このコメントへの反応

関連リンク