エブリスタ
藤島紫/サポ特ありますさん [「人形(ひとがた)の恋」へのレビュー]
2018/5/17
古典の推理小説に対する、深い想いと敬愛を感じるお話です。
文体もノスタルジックな語り口調で、漢字も多く、
ライトノベルやWEB小説を読み慣れている方からすると
とっつきにくさを感じるかもしれません。

しかし、
読み始めていくと、実はとても読みやすく、
瞬きを忘れて文字を追っていきたくなります。
まるで、見つめることを命じられた人形のように。

緻密に計算された物語です。
終わりに向かうほどに、この作品の計算された構造に寒気すら覚えることでしょう。

もしも、ぱっと見の漢字の多さや改行の少なさに
倦厭しているとしたら、もったいないことです。

私はこの作品、ゾクゾクして好きです。

非常に完成度の高い作品ですので、是非、ご一読下さいませ。
コメント(2)

このコメントへの反応

関連リンク