エブリスタ
松 タリオ(新作宜しくお願いします)さん [「足裏の記憶」へのレビュー]
2019/1/22
主人公の風俗嬢まりと、偶然客として訪れた晃司。
二人は遠い昔、前世で出会っていた…。

そんな二人の素性が明らかになる前の作品冒頭。いきなり二人の心中シーンから始まる。
「死と輪廻」というエグいテーマながら、読み手をグッと引きこみ、先へ先へと読み進ませる構成。

まりにとって、幸せとは?
前世を記憶しているまりにとっては、死すらも、幸せになるための手段なのである。

大変深いお話でした。
コメント(1)

このコメントへの反応

関連リンク