このページのリンクアドレス

エブリスタ
生きぞこない死にぞこない~glassEden~

コミック

生きぞこない死にぞこない

生きぞこない死にぞこない~glassEden~

城間遙子

鬱病とパニック障害と私。応援特典追加しました

連載中

77ページ

更新:2017/10/10

説明

応援特典追加しました。

精神障害者手帳二級持ちの鬱病とパニック障害との日々。

山盛りの薬と家族に支えられて何とか生きています。

人の三大欲求全てを失い、眠気、空腹感はなく味覚も僅かに残るのみ。

それでも生きています。
生きることを捨てられずにいます。


現在の処方
トフラニールMax
スルピリドMax
リフレックス45mg
デパスMax
セパゾンMax
ジプレキサ10mg
ベンザリン10mg
マイスリー10mg
サイレース4mg
ラボナ100mg
で、小康状態にあります。

ペットのお世話をしている時が唯一のまったりタイムでしたが、全員天寿を全うしました。

内容は特に暗くはありません。

拙作「雪の中で二人」のヒロインが会社で受けたハラスメントをそのまま受けて発病。一度落ち着くもペットの病気、半年ほどの介護の果ての喪失と、それを忘れようとするがごとくのオーバーワークで過労になり再発。
そして10年以上が経過。
鬱病を治すというよりも、鬱病とどう折り合いをつけて生きていくかを考えています。

パニック障害は働いていた頃に、会社までの徒歩道路がトラックの通り道になっていて、排気ガスを浴びすぎて排気ガスに対してパニック障害を起こすようになりました。あんな体に悪いもの毎日浴びて吸い込んでたら体もおかしくなりますって(´;ω;`)という心の拒否反応。


鬱病には波があります。
動ける時に描きます。
趣味のサークル活動は「これを失ったら終わる」という気持ちで、動ける時に活動していますが、楽しみな事ほど実行が難しくなるタイプの鬱病なので発病前にはライヴに行きまくっていたのに今では年に一度行ければ御の字です。

と、長々書きましたが、鬱病患者のリアルタイム更新を目指します。
ちなみに表紙は過去の自分の作品から引っ張ってきました流用すみません。何かイメージに合う構図だったので。汗


ちなみにマイスリー26錠飲んで一日昏睡したことへの「ごめんなさい」は早朝父に発見されて急遽遠くから呼び出された別居中の母へです。ゴキブリ退治しただけで何で父に怒鳴られて手当たり次第に物を投げつけられなきゃならんの。という怒りの衝動で飲みました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント