このページのリンクアドレス

エブリスタ

チルヲ@神名メンクリ更新中さん

公開作品数 ファン数 訪問人数
58 136 1899

自己紹介

おはようございます。こんにちは。そして、こんばんは。

チルヲです。

恋愛小説、バトルにヒューマン、ちょっぴりおとぎ話など、ジャンルを選ばず書いています。

イラストも描いています。

【超・妄想コンテスト】
入賞
第58回 コットン
第61回 ソングライター・渡嘉敷真人の選択 episode:trial

佳作
第51回 two mails

優秀賞選出
第16回 丸の内ラブストーリー
第29回 チョコレート・エクスプレス
第38回 猫の王子さま
第40回 コーヒータイム
第42回 神様とボク
第48回 さよならセンチメンタル
第60回 オブラディオブラダ
第63回 レモネード・クリスマス
第71回 マイ・スイート・ホーム
第75回 sleeping beauty
第77回 例えば雨上がりの朝に君が隣にいること

2016年度末より、超・妄想コンテスト参加皆勤中!

【新作セレクション】
わたしの火星人
欠陥ガール

【切ない小説。特集】
Rain man

【スターツ出版文庫大賞最終候補】
風はどうして変わるのか

好きなものを好きなように書きたい。楽しく書けなきゃ意味がない。プロじゃないんだから堅苦しくやらなくていいじゃないですか。それに結果がついてくるのなら万々歳。

そんな感じでゆるゆる精力的にやっています。

たいしたものではないので、興味が湧いた方だけお立ち寄りくださいませ。




地域:茨城県

職業:へっぽこライター

興味:小説 イラスト ペット

作品一覧

チルヲ@神名メンクリ更新中さんからのコメント

チルヲ@神名メンクリ更新中
チルヲ@神名メンクリ更新中さん
【作品】凜についてのレビュー

わたしは遊女というものについて明るくない。
読者の中には、そういう人が少なくないのではないだろうか。
もし、それだけの理由でこの作品のページをめくることを敬遠してしまっているのなら、非常にもったいない話だ。

ひとたびページをめくれば、そこには遠い過去の時代のきらびやかな女たちの暮らしが、想いが、息づいている。作者の丁寧な筆致で、それはまるでガラス一枚越しに覗いているかのようにリアルに感じられる。

予備知識など何も要らないのだ。女たちがすべてを教えてくれる。

さて、この作品は時代物ジャンル応援キャンペーン「生きる」にエントリーされている。あの時代の遊女たちの、まさしく「生きる」道、「生きる」姿勢がその文中からは力強く滲み出てくるようだ。

どちらかと言うと、哀しい影を背負って描かれることが多い遊女だが、本来は瀬川のように真っ直ぐな信念と揺るがない核を持った、誇りある遊女たちがほとんどだったのではないだろうか。

この物語ははるか昔の話だが、ここに込められたメッセージは、現代の女性の、いや人間の生き方、在り方にじゅうぶんに通じるものがある。

わたしも瀬川のように生きてみたい。だが難しいだろう。だからこそ強く憧れる。
少しでも近づけるように、自分の歩きたい道、目指すものを見つめ直したい。この物語を読んで、そういう思いに駆られる読者はけしてわたしだけではないはずだ。

もっと見る

2018/08/16 20:14
コメント(3)
チルヲ@神名メンクリ更新中
チルヲ@神名メンクリ更新中さん
【作品】雨の日の奇跡を、もう一度。についてのコメント

こんにちは。チルヲと申します。
Twitterではチルサクですが、わかります?(笑)

ご縁がありましたので、作品に伺わせて頂きました。
率直な感想をここに記させて頂きたいと思います。

まず、タイトルが素敵でした。タイトルに惹かれてページを開くことを決めました。
タイトルは作品の顔です。魅力的な顔を持ってきて通りすがりの読者を惹き付ける。コレ、ばっちり成功しています。

読み始めると、タイトルの雰囲気とは違うコメディタッチ。あ、そういう作風の方なのか、と読み進めました。テンポがよくて読みやすかったです。
恋に落ちる瞬間ではまた雰囲気が戻り、ぐっと心を掴まれました。わたしは個人的にこの雰囲気が好きですね。雰囲気を統一したほうがいいかもしれません。

細かい部分で気になるところはあるのですが、それははしょります。
とてもスムーズに読める素敵な文章ですが、残念だなぁと感じたのは、全体的に描写が少ないところかな?
例えば、彼と出会ったときのシーンとか、入社式のシーン。もっと丁寧に情景描写が書き込められていると、人物の位置、想いが明瞭になり、ぐっと切なさが増すと思いますよ。

ときどきハッとするようなキラキラした表現があって、こちらも勉強になりました。
偉そうに申し訳ないです。
ありがとうございました(*´▽`)

もっと見る

2018/07/19 16:03
コメント(2)
チルヲ@神名メンクリ更新中
チルヲ@神名メンクリ更新中さん
【作品】どうしてについてのレビュー

ネタバレ

清算の形はさまざまだ。

犯した過ちは自分のすべてを、それこそ命ですらもなげうって償う。それこそが、良識あるセオリーであると声高に唱える者は多いだろう。しかし、はたして本当にそうだろうか。

そうじゃない。この世の人の数だけ、その手段は、方法はある。そして、そのどれもがその人にとって唯一のセオリーであって、どれが正解であるとかはないのだ。

父親がしでかしてしまった事件によって、死んだような日々を送る主人公・ナオ。
世間の目は、家庭の中の個人を個人として扱ってはくれない。肉親の罪はそのまま自分の罪になる。

理不尽を抱えながら、ナオは最初からずっと清算の機会をうかがっていたのではないだろうか。

そして出会ったサリーシ。

不思議な名前を持つ青年との穏やかな暮らしの中でも、絶え間なくそれは続いていく。

ここの展開はとくにうならせられる。
奇妙なネーミングを持ってくることで、読者の意識を引き付ける。おや?と思わせる。この物語は現代日本の話ではなかったのか、と。

後に、種明かしの部分で、その違和感は実にニクい演出へと結びつくことになる。うまい。

読み進めていくと、サリーシもまた罪を抱えて生きてきたことがわかる。
この物語は、二人の罪の清算の物語なのだろうか?
いや、違うだろう。この物語は、二人がよろめきながら、おぼつかない足元でたどり着き見つけた、新しく歩んでいくべき道の道標の物語なのだ。わたしはそう思う。

さて、この作品の作者はこれが処女作だという。
確かにまだ拙い部分も見受けられるが、作中にただよう悲哀、繊細な言葉選び、文章紡ぎのこまやかさ。どれをとってもなかなかに秀逸だ。
先の活躍が非常に楽しみな書き手である。

もっと見る

2018/07/16 13:09
コメント(1)

チルヲ@神名メンクリ更新中さんへのコメント

チルヲ@神名メンクリ更新中さんからのお知らせ

マイリスト

その他