このページのリンクアドレス

エブリスタ

詠波-UTAHA-さん

公開作品数 ファン数 訪問人数
31 147 8272

自己紹介

スター、レビュー、ファン登録のお礼等はこちらへ![リンク]
宣伝はこちらへ![リンク]

旧伝言板☆[リンク](U18専用奥の間[リンク])
長文用伝言板&詠波のつぶやき[リンク]

創作エンターテイメント☆エブリスタのなんか サークル[リンク]
プロのラノベファンタジーをお求めの方はSDN[リンク]をどうぞ!

※アイコンは、The Imperial Collector Series Luxury Chess Pieces - 4.4" King (http://www.houseofstaunton.com/)
様より拝借しております♪

地域:愛知県

興味:小説 イラスト コミック 写真 レシピ

作品一覧

詠波-UTAHA-さんからのコメント

詠波-UTAHA-
詠波-UTAHA-さん
【作品】女詩会2015冬についてのレビュー

凍てつく空に響いた言葉が、白煙のように立ちのぼっていくような情景。

この詩集をひと言で例えてください、と言われたら、そう答えるかもしれません。
人工的に磨いた歌というものを超えて、静かで厳かな自然、人間という存在の自然な姿を写した静物画を見つめているような感覚を覚えました。

その煙はゆっくりと、白装束の自己や白薔薇を携えた過去へと自在に形を変え、ときに弱く、強くうねりながら、高度を上げるにつれて澄んだ空気に囲まれていくのです。
どんなに注意を払ったとしても、いくら消してしまおうとしても、社会的な動物の宿命を背負った人間という存在には他人の色が混ざり込んできます。

自分という存在にも必ず影という闇色がつきまとっていて、それを無色にすることは同時に自分の存在自体を無くすことを意味するのですよね。
なぜなら、たった一色では、私たちは何も認識できないから。他人や影という二つ目の色があって初めて、白の煙は相対的に世界に存在できる。
自分の影を認識することの残酷さは、堪え難いもの。だから普段は、その存在を無意識に忘れようとしているのかもしれません。

懸命に生きようとすればするほど、生々しいほどに鮮やかな秘密が存在を蝕み生き辛い。そんな矛盾の中に生きているなんて、私たちは本当に変わった生き物だなあと思います。

そして同時に、そんな変わった生き物に対する愛おしさも同時に感じるのは、私が精神世界の存在を理解し得る同じ人間だからかもしれません。人間でよかった、と思います(笑)

わかりにくい詩文のようなレビューになってしまいましてすみません!
よいものに刺激を受けると思いがあふれて、自分の言葉を場に合わせて制御することを忘れてしまいます。
今回はご一緒できて光栄でした。またぜひ、どこかでご一緒しましょう♪
素晴らしい詩集をありがとうございました!

もっと見る

2015/12/23 21:31
コメント
詠波-UTAHA-
詠波-UTAHA-さん
【作品】表紙絵師はおいしくないについてのレビュー

エッセイからこちらに参りました。すっかり乗り遅れてしまいましたが、共感する部分が多かったことを伝えたく、コメントします。

まずは、このエッセイを公開したあわちゃんの勇気に拍手を贈らせてください!なかなか言えない心の内をすっきりまとめて下さっているので、私のみならず多くの言いたいことを言えなかった方々の励みになっていると確信します。

エブリスタには大きくわけて、「本業を作家にしたい人」と「趣味の交流の場にしたい人」の2タイプがいると思うのです。このサイトに求める目的や価値は人によって違うはずなのに、そこを誤解している方も少なからずいるのかなあという気がします。

あえてすごく極端な例にすると、ある「本業を作家にしたい人」がいたとして、その人はスターもレビューもイラストも、社交辞令でいいから何でも欲しい。ランキングを上げて、運営の目に留まりたい…とにかく、作品の書籍化のためなら藁をもつかむ思いでできることは何でもやる。こういう人にとっては書籍化という夢に向かってがむしゃらに突き進むこと自体がエブリスタに来る目的であって、「夢に向かって一生懸命がんばる自分はみんなに応援されるはずだ(応援して欲しい)」という無意識の思いを抱いている場合すらあるかもしれません。

(わかりやすくするために極端に誇張しますが)この「本業を作家にしたい人」が、「趣味の交流の場にしたい」という目的でエブリスタに登録した絵師さんに依頼をすると、当然のことながら絵師さんサイドは「いや、熱く語られましてもあなたの夢(書籍化)と私は関係ないし…」となると思うのです。一方、文士は文士で面食らってしまうかもしれません。「え、夢に向かってがんばっている自分を応援しない人がいるの?」と。まるで今までがんばってきた自分のすべてを否定されたような気持ちになるかもしれません。

エッセイに書かれたAさんやあわちゃんに対する文士の行為は非常に自己中心的なもので私もまったく賛同できませんが(経緯の理解と行為の許容は別物です)、なぜ一定の割合の文士が一方的に絵師に脅迫じみたことまでして表紙を描かせるのか?という原因のひとつは、「本業を作家にしたい」目的で登録している文士の一部が暴走しているということのように思います。

あーもう、gdgdでごめんなさい!続きます。
続きの内容は「お互いの目的を理解し、相手の楽しみ方に干渉しない」ことについてです。

もっと見る

2015/11/25 02:14
コメント(3)

詠波-UTAHA-さんへのコメント

詠波-UTAHA-さんからのお知らせ

マイリスト

その他