このページのリンクアドレス

エブリスタ

近道ラクダさん

公開作品数 ファン数 訪問人数
6 51 1393

自己紹介

小説を書いています。
短編と詩を主に。
「note」、「ノベラボ」等でもやってます。

青臭く、内弁慶気味に、根暗に、自信なく、でも楽しく、笑顔で、生暖かい目で、作品を投稿し続けていこうかな、と、思います。

コメント、スター、ファン登録、嬉しいです。お気軽にお願いします。

読む頻度はそうでもないですが、僕もフラッと、皆さんの作品に遊びに行きます。

どこかで、またあいましょう。

地域:埼玉県

職業:学生

興味:小説 写真 旅行

作品一覧

近道ラクダさんからのコメント

近道ラクダ
近道ラクダさん
【作品】ダメナコトについてのレビュー

ネタバレ

さらに多くの人に読まれるべき作品であり、現代の若者が持ちうる暴力性の強者と弱者の関係を弱者側の内部からあぶりだした良作だと僕は思いました。

以前どこかの著名人が仰っていましたが、
いじめというものは学校の制度や法律、意識的な取り組みでどうにかしようともうほぼ100%なくならないものであり、もっと根本的な、人間の内に潜む暴力、支配欲をただ満たす本能的で、残念ながら、あって然るべき行為だといいます。(あくまで一つの意見ではあるが)

主人公のダメ、やトリガーの話、恐ろしいと感じました。

面倒な問題に関わりたくない大人、自分の子供を一番に考え、守り、心から支えることができない大人、またそれらの状況を作り出す周りのどうしようもない社会。

歯がゆい。歯がゆいけれど、これが治ることはないんだろうな、と。

もう何千年も何万年も人類はそうしてきたんでしょうなあ、と。それが現在ではいじめや虐待という形で取り沙汰されていますが、いつだって、ダメなことは一概に言えず、星の数ほど正義があり、最もまともらしいことをする人でも、虐げられる。虐げる側はダメでも強さを振りかざす。

と、見当違いの感想を述べましたが、面白かったです、とても。

もっと見る

2018/08/27 12:02
コメント(1)

近道ラクダさんへのコメント

近道ラクダさんからのお知らせ

マイリスト

その他