このページのリンクアドレス

エブリスタ

直木賞を目指して

このイベントについて

携帯の中にありながら書籍並みの大衆娯楽小説を目指している作家の卵達を募集するサークルにございます。
挨拶や絡みはコチラ⇒[リンク]←(此処には公募等の情報がたまに書きこまれますので参考にどうぞ)

ウィキペディアによると、直木賞とは無名・新人及び中堅作家による“大衆小説”に与えられる文学賞である。

との事。

大衆小説とはなんぞや?と調べてみますと、『大衆小説・大衆文学は、純文学に対して芸術性よりも“娯楽性”に重きを置いている小説の総称』とありました。

ならばエブリスタで発表されている小説は、技巧云々は別にしても基本は大衆小説じゃないか。

って事で、将来の直木賞作家の卵が居る事を期待して当サークルを発足してみました。

まぁ管理人の誕生日が2月12日で、 『偶然にも』 直木三十五氏と同じって事と、ペンネームが坪内逍遙と 『偶然にも』 同じ逍遙だったから勢いで作っちゃった感も否めませんが。

まぁあれですよ、クドイ事は分かりませんが、“大衆小説”を手がけ、高みを目指したい人が集まれば、面白いんじゃありませんかね。

管理人は、文学に関してあまりクドイ事を聞かれても良くは分かりませんので悪しからず。

我こそは!と思う将来の出版社賞受賞者の卵さん、いらっしゃいまし。

そうそう、各種イベント参加の折りには自由にこのイベントを抜けても問題ありません。

また、このイベントの本来の目的は、エブで力試しした後に各出版社へ応募する事を 『陰ながら』 応援する所にありますので、直木賞に限らず江戸川乱歩賞でも吉川英治賞でも何でも、小説の方向性から目指してくださいまし。

参加する作品のカテゴリに制約はありません。

カテゴリー

小説,

参加設定・その他の情報

自由参加

総閲覧数 : 1384

タグ数  : 6

お気に入り: 15

参加数  : 39

(2013/2/13 公開)

このイベントのタグ

イベント参加・お気に入り

イベント作成者

不死王の妃

小説 SF

不死王の妃

二条千河

明主と称えられる国王は“ミイラ”。その妃として、王子を産むのが使命―

完結

59ページ

ラグナロク-神々の黄昏

小説 ミステリー・推理

ラグナロク-神々の黄昏

永戸 拓也

中身に関するコメントが頂けたら、嬉しいです。

完結

475ページ

いつか見た青い夢

小説 その他

いつか見た青い夢

いつか見た青い夢

哀川遼之介

夢、幻の如く

連載中

74ページ

ウチのエリート学生が申し訳ありません。

小説 ファンタジー

ウチのエリート学生が申し訳ありません。

中村 貝

俺の部屋に卵を持ってくるんじゃない! / もうすぐ新章

連載中

1084ページ

OVER30ミセス・濡夢(ウェットドリーム)

小説 ホラー・オカルト

OVER30ミセス・濡夢(ウェットドリーム)

ソドムの家族

佐伯達男

家族のムカンシンがまねいた恐ろしい悲劇(18歳未満閲覧制限)

完結

100ページ

寿綾乃という女

小説 大人の恋

寿綾乃という女

寿綾乃という女 第1話

-tomo3-

私、寿綾乃(ことぶきあやの)、自称でなく美人(笑)。ただし、32歳です。

完結

10ページ

大嫌いなアイツ

小説 その他

大嫌いなアイツ

大嫌いなアイツ 第1話

-tomo3-

派遣秘書・清水ユリの会社を舞台にした冒険譚(笑)。恋あり、陰謀あり(笑)。

完結

39ページ

暴走列車

小説 ラブコメ

暴走列車

暴走列車 第1話

-tomo3-

大嫌いなアイツの主人公・清水ユリの高校時代 人呼んで、暴走列車(笑)

完結

35ページ

後北條五代記

小説 歴史・時代

後北條五代記

千夜一夜のまぼろし【陸奥守私聞記】

しょうよう(休業中)

こうして戦国の世は過ぎ去った。

休載中

106ページ

近くて遠い

小説 純愛

近くて遠い

近くて遠い

ナナシズ

世紀末。近くて遠い運命に巻き込まれる 男女の衝撃の恋愛ドラマ。

完結

1895ページ

【S】―エス―

小説 ミステリー・推理

【S】―エス―

1位 【S】―エス―01

三吉亜侑(S02執筆中!

累計13万PV閲覧感謝!「僕は、誰……?」 闇に隠された真実。長編SF異能力バトルミステリ…

連載中

1231ページ

ウチのエリート学生が申し訳ありません。

小説 ファンタジー

2位 ウチのエリート学生が申し訳ありません。

中村 貝

俺の部屋に卵を持ってくるんじゃない! / もうすぐ新章

連載中

1084ページ

ラグナロク-神々の黄昏

小説 ミステリー・推理

3位 ラグナロク-神々の黄昏

永戸 拓也

中身に関するコメントが頂けたら、嬉しいです。

完結

475ページ