このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

サブマシンガンはマシンガンじゃない?

エッセイ エッセイ・HowTo その他

一発入魂・ガン知識!

サブマシンガンはマシンガンじゃない?

七星拓実

銃火器、その他について

休載中

4ページ

更新:2012/03/21

説明

日本人のよくある誤解として、「連射できる銃は全部『マシンガン』というものがある。が、これは実は大間違いだ(マスコミもしょっちゅう間違えているから要注意!)。
 いわゆるマシンガンは、「弾幕の形勢」目的として――言ってしまえば、銃弾をばらまいて相手の動きを阻害することにある。そのためには射撃を途切れさせてはいけない。ということで、後述するアサルトライフルやサブマシンガンと違い、弾薬を長く連ねた『弾薬ベルト』を使用することで長時間の銃弾の補充を可能にし、また加熱や損耗を防止するため簡単な手順で銃身の交換が可能になっている(ミニミ軽機関銃は箱型弾倉をもちいているように見えるが、あれは弾薬ベルトがケースに収められているので厳密には箱型弾倉とはいえない――かな?)。
 一方、アサルトライフルは「連射のために」銃身を交換することはなく、弾薬も箱型男装に収まっている(用途に合わせて、コンパクトカービン、アサルトライフル、分隊支援火器モデルといった形にパーツを交換することで改造できるアサルトライフルは存在する)。
 前記の二つの銃は、十二・七ミリの機関銃弾や、七・六二ミリ、五・五六ミリのライフル弾を使用する。
 他方、サブマシンガンは基本的に拳銃弾を使用する。これはもともと、第一次世界大戦に塹壕線で接近戦・乱戦を行うときに従来のボルトアクション式の銃は邪魔――それより、連射できる拳銃の方がまだ役に立ったという史実に由来する。現代では、射程の短さ、拳銃弾の適度な貫通力が、都市戦や人質事件などに打ってつけということで特殊部隊などにもちいられている。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません