このページのリンクアドレス

エブリスタ
広く酷く狩りに風

小説

広く酷く狩りに風

思代一本

飛翔の華は虚しく今、地には石。萬物、天声人語の有隣堂。予想による帰化です。

完結

10ページ

更新:2009/01/21

説明

見渡す、どこにでもあるこの所。一点から始まり一転の成果。それで一手と韻を踏む。それでも元の大地のある土をすくい、その土をこぼすことの解釈のあまる余地のよう、イロハ、傷にいる。余地に傷もち灯る。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

思代一本さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません