このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

新説 不良とワンコくん

小説 ファンタジー

新説 不良とワンコくん

登り龍

「俺はお前等が嫌いだ…俺の親友を殺したのにノコノコ俺の前に現れる…お前等がな…」

休載中

45ページ

更新:2010/08/06

説明

榊 隼人(さかき はやと)

彼はこの町一番の不良

トレードマークは右肩から右手の甲まで彫られた登り龍の刺青

人は彼の事を
「天龍(てんりゅう)」
と呼ぶ

隼人は動物
特に犬が大嫌いであった
しかし、突然隼人の前に現れた一匹の仔犬が、隼人の運命を…
変えていく

「…なんで喋れるのかなんてどうでもいい。
なんで俺に付きまとう?
俺はテメェが大嫌いなんだよ」

「…それでも、僕は君の傍に居なきゃいけない。
それが、彼との約束だから…」

「…テメェさえ居なきゃ…
今頃アイツは…」


今、再び蘇る
もう一つの不良とワンコくん

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

登り龍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません