このページのリンクアドレス

エブリスタ
真夏のお茶会

小説

真夏のお茶会

海想碧龍

何故俺はお茶会に居るんだろう。これから起こる事件にあなたはきっと絶句するだろう

完結

4ページ

更新:2007/10/28

説明

例えば美女と野獣、例えば豚に真珠。その場その空気に合わない自分がどれだけ惨めか…。高級パーティーに私服で参加する、花男の牧野つくしのような体験。そんな中、温かい気持ちで迎えてくれる紳士達。自分の人生でお茶会などに参加出来る事が最高の経験になるはずでしたが、最低の経験になってしまいます。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

海想碧龍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません