このページのリンクアドレス

エブリスタ
Chamomile Tea

小説 恋愛 純愛

Chamomile Tea

ViCiOUS

失った恋人を待ち続ける僕は…いつまでここにいたらいい…?

完結

56ページ

更新:2009/02/09

説明

今年の春に逝った君。
僕には君を忘れることが出来ないんだ…

こんなとこにいても、会えないことは知ってるのに、
ここから動きたくないんだ…



「四季の詩」の続編です。
閲覧の伸びなかった作品ですが、個人的に好きな作品なので続編を書きました。
ちょっとした短編小説ですので、よろしかったら前作と合わせてご覧ください。
前作から読むのがオススメですが、逆から読んでみてもいいかもしれないです。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ViCiOUSさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません