このページのリンクアドレス

エブリスタ
【短編】鳥の詩

小説 恋愛 純愛

【短編】鳥の詩

*りお*

夜の街で耳にした澄んだ歌声。その声の持ち主に、僕は恋をした。

完結

16ページ

更新:2009/02/16

説明

街の雑踏の中
掻き消されそうな君の歌声に
僕は恋をした。


君の姿
君の声
君の心

その全てを鮮明に思い描けるのに
君だけがここにいない。


僕は歌う。
君の詩(ウタ)を。

僕の声が届くように。

君の想いが届くように。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

*りお*さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません