このページのリンクアドレス

エブリスタ
運命に抵抗した青年達

小説 恋愛

運命に抵抗した青年達

橄欖薔

小説祭応募中。余命はたったの一ヶ月。俺はお前に想いを伝えられるのだろうか?

完結

61ページ

更新:2010/02/06

説明

嗚呼、もっと早く気付いていたなら。

嗚呼、もっと長く生きられさえすれば。

俺はお前に想いを伝えられるだろうに。


余命はたったの一ヶ月。

後一ヶ月しか居られない。

お前の側に居たいのに。



死ぬのが運命だと言うのなら、


そんな運命…………信じねぇ!!

最後の最後まで、

あがききってやる!!!













この小説は、

運命に最後まで立ち向かった、

青年にはなっていない、

少年ですらない、
   サダメ
悲しき運命を持つ

18歳と、


そんな彼を支える、

彼の親友で

一つ年上の

19歳の、

お話







BL注意。18禁は無しの方向で。

読みやすいように、一ページづつは短めです。

続編? と言うか、番外編、“運命を否定した青年達”もよろしくお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

橄欖薔さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません