このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

窮北ヨリ来タリテ微睡ム

小説 ファンタジー

窮北ヨリ来タリテ微睡ム

紫禁城

その望みは他者を犠牲にして叶える価値があるのか?私にはそう思えない。

休載中

94ページ

更新:2010/01/03

説明

黒パンと干し肉改め窮北ヨリ来タリテ微睡ム

魔法など存在しない世界、北の果てにある国とその国の近くに眠るという鉱物資源を巡る様々な人々の思惑と欲望と願いが錯綜する物語。



先に断っておきますが、話と文章が物凄く重くてゆっくり進みます。



その望みは自分の名誉を捨ててまでして叶える価値があるのか?


×雪に閉ざされた国々を結ぶ蒸気船を舞台にしたロミオとジュリエット。

○ネガティブなチビ助と電波系の姫とボーガンを鈍器として使う娘の奇妙というより微妙な話。

ようするに寒い国を舞台にした中途半端なファンタジーです。

北極は大陸じゃないし雪上と水上両方で使える船が実現可能かどうかも知りません。

当面の目標は必要以上にキャラクターを増やさない。
台詞より文章をちゃんと書く。
挿し絵は
たれ×んださんでお送りいたします
p1ローゼス
P4エマ

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

紫禁城さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません