このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

イノセント

小説 ミステリー

イノセント

イノセント

砂和

後編。二人を結ぶ縁は、黒く澱んだ正体を遂に現し始める。

休載中

208ページ

更新:2017/01/29

説明

207ページ以降のつづきはデータが失われてしまったため、連載ができません。現在は新しいユーザーアカウント「神代 紗」として、エブリスタにおいて活動しております。よろしければお越しくださいませ。
[リンク]


僕と彼女はただの知り合い。
でも本当は違う――



閉じこもりがちな少女・真実と、その近所の大学に通う青年・悟見(サトミ)。

静かで閉鎖的な生活を好む彼らのもとに、次々と降りかかる厄介な事件。二人は不本意ながらもそれらに立ち向かい、絆を深めたかに見えた。

共に時間を重ねるうち、真実はしだいに悟見へ信頼を寄せるようになるが、彼は真実には言えぬ秘密を抱え、苦悩する。

――そして、二人が精神の奥底に隠した闇が漏れはじめる時、10年前の忌まわしい事件の糸は再び絡み出した。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

砂和さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント