このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

孤児の狩人

小説 ファンタジー

孤児の狩人

神無月 鈴音

記憶を失い、孤児院に引き取られた少年が、孤児院のために魔物狩りの大会に参加する!

休載中

2ページ

更新:2009/04/10

説明

世界には、自然界等から力を借りて、超常現象を引き起こす“魔法”という技術があった。
それを行使することに長けた者のことを“魔導士”と呼んだ……


また、突然変異や魔法の影響で生まれてしまった、人間に対して危険窮まりない生物を総称して“魔物”と呼んだ……






この物語は、そんな世界で記憶を失ってしまった少年が、孤児院を営む一人の女性に引き取られるところから始まる……


少年は、自分を引き取ってくれた女性が借金を抱えていることを知ると、優勝すれば大金が手に入るという、魔物狩りの大会に出場することを決意した。




しかし、少年は知らない……
それがその後の自分のにとって、とても大きな意味をもたらすことを……


そして、少年は知る……
もうひとつの“世界”の存在を……








この作品は、自分の処女作『孤児の狩人』を書き直し+α(……するのかな?)した作品なので、内容とオチはは変わりません。
呼んだ事のある方はご了承下さいm(__)m


……けれども、下手したら変わってしまうので、そうなった時は自分と一緒にハラハラドキドキしながら、生暖かい目で見守って頂けると嬉しいです(笑)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

神無月 鈴音さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません