このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

パラケルススの魔眼

小説 ファンタジー

パラケルススの魔眼

すすきん

パラケルススの瞳は全ての元素を捉え、そして開放する

休載中

56ページ

更新:2010/03/01

説明

パラケルスス(Paracelsus、1493年か1494年 - 1541年9月24日)は、ルネサンス初期の医師、錬金術師。

本名は、テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム(Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim)。


業績
四大元素(火、風(空気)、水、土)の再発見
アラビアの三原質(水銀、硫黄、塩)の再発見
亜鉛元素の発見

「ホムンクルス(人造生物)を創り出すことに成功した」「賢者の石を持っていた」「常に持ち歩いている剣には賢者の石が入っている」といった伝説がある。



近未来の地球を舞台にした、サイエンスファンタジーです。

※本作品には、中二病的内容が多分に含まれております!
ご注意くださいm(_ _)m

バトル:多い
魔法:多い
恋愛:あり


検索用

主人公最強設定・錬金術・ギルド・賢者の石・使い魔・ツンデレ・貴族・属性魔法・魔法陣・能力バトル・アゾット剣・中二病

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

すすきんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません