このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

君と僕との一週間

小説 恋愛 純愛

君と僕との一週間

高咲 雛子

知ってた?消える最後の最後まで、君は笑っていたんだよ。

休載中

24ページ

更新:2009/10/26

説明



記憶喪失の幽霊。
それは昨日まで隣で笑っていた俺の恋人だった。

もう二度と目の前から
消えて欲しくない

俺は彼女を離したく
なかったんだ。


―――――――――――
※フィクションです。

5月7日執筆開始

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高咲 雛子さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません