このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

スカイ

小説

スカイ

Duchy

初作品なので文体などめちゃくちゃですがよろしくお願いします。

休載中

26ページ

更新:2008/08/11

説明

イベント明けのAM5:42…
クラブの前でたむろってた奴等と別れて、身内の仲間と共に歩き出す…
イベントの余韻に浸りながらくだらない事を喋ってる…
「さぁ、今日は何処に行く?富士ソバ?マック?それともクレープでも喰うか?」
「私ジョナサンがいい??」
「ぢゃぁジョナるか?メ」
酔っ払い供が歩き出す…
「あれ?ジョナって何処だっけ?」
「アッチじゃねぇ?」
「いゃ、アッチっしょ?」
「まっいっか?じゃあマックに行こう?゙」
マックに向かって歩き出す…

マックに着くとさっき別れた仲間と出会う。
「あれ?こんなところでなにしてるの?」
こんなくだらない事がスゲー楽しい。

マックを出て駅前で別れた…
独りで駅の階段を降りて行く…
切符を買って改札口を入る……

am6:50の電車に乗り込む…



そこは隔絶された世界…
そこは静寂な世界……
そこで「自分」は世界に拒絶される…
今なら薬物に溺れたシンガーの気持ちも、アルコールが好きだったあのギタリストの気持ちも解る気がする……
酒を飲んで、騒いだ後の虚しさ…
イベントの後の孤独感…
そんなものを感じ自殺したんだろう…
この青い空の下でこの感情を解る人間はどれくらい居るのだろうか……

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません