このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

虎かぶりっ!

小説 ライトノベル

虎かぶりっ!

全信全疑

高校最強の彼女は猫被りならぬ虎被りだった「おひゃよう!」「噛んでる噛んでる」

休載中

62ページ

更新:2014/04/28

説明

お久しぶりです。2014年4月中旬に更新再開しました。詳しくはニュースにてご確認ください。

お時間がありましたらレビューの御協力お願いします。
一言だけや厳しい御意見など、長短甘辛どのようなレビューでも構いません。
頂いたレビューは作品の質向上・作者のやる気の燃料として有難く使わせて頂きます。

――――――――――――

高校一年生の7月上旬の水曜日。
俺はある1人のクラスメートに告白された。
「と、友達になってください!」
と。そいつは高校で有名な不良で、美人で、無口で、ケンカは(恐らく)県内最強で。
だけど、そんな彼女の正体は「猫被り」ならぬ「虎被り」だった。
「よっ、宜しくお願いしみゃふ!」
「落ち着け。まずはそれからだ。今回はそんなに難しいことじゃない。特訓をクリアしたお前なら楽勝だ」
「う、うん!じゃあ行ってくるよ!」
これはちょっと(?)変わった女と、なんだかんだで面倒見のいい男の普通の物語。
「こ、これ下さい!」
「おお、美味しそうな菓子パンだな。だけど俺じゃなくてあの店員さんとこ行って買ってこような」
「こ、これ下さい!」
「いや、だから俺じゃな」
「これ、下さいぃ……」
「……作戦練り直すか」
「……うん」
失敬。普通の非日常を描いた物語。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません