このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ハート

小説 ノンフィクション

ハート

じゅり

「処女」で「お嬢」だった私が、たった半年で墜ちた道

休載中

12ページ

更新:2009/06/05

説明

私は心から幸せだった。

私は馬鹿ではなかった。

私は何気ない日常が一番の宝だと知っていた。

私は幸せが有限であると知っていた。 



私は愚かだった。 

私は知っていた けど 





私は理解できてはいなかった。 




中学から名門女子校育ちの「お嬢(当時陰キャラ)」だったあたし。

脱・陰キャラしてからも、男に免疫が無さすぎて、告る事なんておろか、告られてもテンパり、あまりのテンパりっぷりにすぐフラれる。

ロクに恋愛もせず20歳過ぎても処女。 

恥ずかしくてイキってビッチなフリをするおかげで見た目はビッチ、頭脳は乙女ってゆうますますイタイ事に。

しかしそんなあたしにもついに輝かしい春が!

思えば今までの人生最大の栄光期間。
趣味のダンスで賞を取り、尊敬されていい気になり、イケメンの後輩を落として惚れさせ呆気なく処女を捧げ、浮かれに浮かれた挙げ句ーー 



すべてが自業自得の転落がはじまった。 


妊娠/中絶/失恋/レイプ/風俗 

(注)内容が内容なので、もちろん反省も大きいし明るくはないです。
ただ私は性格上なかなか諦めずへこたれないので、前向きではあるかと思います。
あわない、腹立つと思ったらすぐ読むのを辞めることをお薦めします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

じゅりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません