このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

聖なる海のもとで

小説 恋愛 その他

聖なる海のもとで

森 葉月

小説祭『シンデレラ』の作品です。

休載中

17ページ

更新:2009/07/09

説明

 児童施設から新しい家族に迎えられた愛良。


 やっと自分に母と父が出来ると喜んでいた。


 他の子のように甘えられる存在が出来ると新しい家へ新しい家族と向かった。


 でも、それは地獄の始まりだった。


 10年後、愛良は16歳になった。


 ある日、養い親に言われた一言は衝撃的な物だった。

 ショックを受けた愛良は家を取り出してしまう。


 無我夢中で走っていた愛良は近所の港まで来て、運悪く足を滑らせて海に落ちてしまう。


 愛良が気付くとそこは見知らぬ場所だった。


 途方に暮れた愛良の目の前に現われたのは不思議な生物で……。


 『ほお、人間がこんな所にいるとは珍しい。』

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

森 葉月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません