このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

大倭豊秋津島州奇譚~白狐天翔~

小説 ファンタジー

大倭豊秋津島州奇譚~白狐天翔~

黒点狐

これは、神代から続く天津神とその血族が織り成す御話

休載中

8ページ

更新:2011/01/23

説明

天地開闢した折、この世は上も下も右も左もわからぬ混沌とした世界であったという。

清々濁々。
交わるうちに、やがて濁り澱んだものは下に下りて地と成り、澄み渡り清いものは天と化した。
天地のわかれた世界に生まれた生命はやがて神となり、地に這うしかなかった人々とともに歩みはじめる――…。





これは、実際に全国百万余社の総本社である御社に詣でた時に思いついたお話です。

古事記や日本書紀ならびに稲荷の歴史や神々の神格など調べた上での構成になりますが、一部個人的見解を含みますので、その点をご了承の上閲覧をお願いいたします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません