このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

砕けた鏡

小説 恋愛

砕けた鏡

蒼井とまと

「あたしとじゃ、星也は幸せになれないの…っ」「――俺はお前との幸せしか望まない」

休載中

221ページ

更新:2013/09/20

説明


本当は知ってた。

いつかお前を手放すことになるかもしれないって。

そう分かっていたはずなのに。

俺は最初から何も手にしてなかったんだって、気付いたときには、お前はもう居なかった――


天野星也は毎日を何の楽しみもなく過ごす普通の高校生。

目標もなく生きる彼に周りの人間は、小さな砕けた鏡の欠片を落としていく。


「――何もかも当たり前な毎日なんてないんだよ」


幼馴染みの日向虹が言った言葉が届くのも、もっとずっと先の話。


ごめん。今なら分かるよ。

……本当に、今更だけど。


砕けた鏡たちの、哀しくて優しくて、それでいて等身大の恋物語――

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

蒼井とまとさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません