このページのリンクアドレス

エブリスタ
パッチワーク 鞄

小説 詩・童話・絵本

パッチワーク 鞄

猫マタ会社

真実の愛は自分を超えたところにある、なんて思うんです。

完結

2ページ

更新:2009/06/13

説明

この詩では、子どもたちの笑い声を永遠にしたい、と感じた瞬間の愛情を描いている。子どもたちを愛する気持ちは、小さな自分を瓶に詰めて流し、やがて宇宙と一体化するであろう。
どんな愛でも、真実の愛は自分を超えたところにある。それは自己犠牲ではなく、温かくて、大きな感情なのだ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

猫マタ会社さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません