このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

それでも忘れない

小説 恋愛

それでも忘れない

Seven

私達、本当にお別れなんだね。愛してくれてありがとう。貴方じゃなきゃダメなのにね。

休載中

288ページ

更新:2012/05/15

説明

彼と連絡が途絶えて3年。



私はまたあなたを傷つけた。


何もかも遅すぎるのに、今頃気付いてしまった。



私はこんなにも愛していたのね。



最後まで、私はあなたを傷付けるだけの狡い女。



最後だから、最後だから私は狡くなる。




『一期一会』


貴方は大切にしすぎて失った。

私は気付きたくなくて手放した。

そう。タイミングは早すぎても遅すぎても、気付いたときには手遅れ。


だから一瞬一瞬を素直に、大切にしなければいけなかったのに。


私たちの物語は、本当にこれで終わるのだろうか?



--------------


素人が書いている小説なので、話の繋がりが不自然なところも多いです。



誤字、話の構成等も含めて広い心で読んでくださると助かります。


※『月の照らす場所』をという新一目線の小説を書き始めました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

Sevenさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません