このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

黄泉道中

小説 ホラー

黄泉道中

煉緒

死んだ者の思いから生き方について考える物語。

休載中

17ページ

更新:2009/07/10

説明

霊とは古来より恐怖や災いの根源とされてきたが実際はそんなおぞましいものではない。
若くしてその生涯を閉じた冬堂礼士(とうどうれいじ) は迎えにきたガサツな死神、椿(つばき)のせいで手伝いをさせられるため無理矢理蘇生される。
死神の仕事とは死者の魂を黄泉へと導くこと。
しかし深い悔いを残し散った者、恨みを持ち果てた者、はたまた自らの死に気づかぬ者など、魂とならず霊となりこの世をさまよう者もある。
彼の仕事はこの世ならぬ者を魂へと返す手続きをすること。
存在、理由、そして望み、心の隙間を埋める鍵を抜き、今日も彼は迷える霊を魂へと変えていく。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

煉緒さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません