このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

アニマル・ソウル

小説 ファンタジー

アニマル・ソウル

揚羽蝶刃

動物クローン人間、通称『DCN』。そんな彼らのドタバタな日常。

休載中

18ページ

更新:2010/04/11

説明

これは、ほんのちょっと未来の地球のお話。
ほんの少し未来の地球では、クローン技術が発達していた。
ライオンの卵子に鷲の精子を受精させ、伝説の動物とされていたグリフォンや、馬と鷲の遺伝子を融合させたヒポグリフ、白い馬と白い翼を持つ鳥の遺伝子を掛け合わせたペガサス。
その他リザードマンやコカトリスやビッグフット、ガンダルヴァ、ハーピー、ケンタウロス、マンティコア、人魚、そして融合動物、はたまた麒麟や龍、ドラゴンまでもを人工的に作り出した。
中でも一番の注目は、人間と動物の遺伝子を組み合わせたものだった。
それらは『動物クローン人間』、通称『DCN』と呼ばれ、一般人にとっては恐怖の対象にされた。
彼らは驚異的な能力(ちから)を持っていたからだ。
そしてこれは―――――そんな彼らの日常のお話し。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

揚羽蝶刃さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません