このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪が笑い雪が舞う

小説 ファンタジー

雪が笑い雪が舞う

あふらっく

「ねぇ――、今月分の食費どれだけかかったと思う?」「小さいことは気にするな」

完結

63ページ

更新:2012/03/12

説明

 
 
「そもそもだな、オレは普通の――そう、ごく普通の高校生だ。そこの定義を忘れないでくれ」

☆主人公
 ・突っ込み担当
 ・物語はこの男により進む
 ・妖怪見えます
 ・退治、たいじ、タイジ


「ほう、私に楯突くと。貴様ごときが私の相手になるとでも思っているのか?」

☆妖怪
 ・日本に住む妖怪
 ・オールマイティー
 ・自分絶対主義
 ・実は夏にものすごく弱い



    ☆ ☆

・【雪女とオレと】完結
・【メリークリスマス】完結


黄昏が贈る新ファンタジー小説になります。といっても、おそらくは短編という形にしますので、読み切りバンザイ←
誤字脱字魔王の作者なので、見つけた場合は連絡ぅ!

16ページに挿絵を追加。樹土風様作。素晴らしいので是非ともリンク先へ[リンク]。樹土さんへのクリエイターページを絶対に見にいくのです←勝手に宣伝

突然手直しします。内容を作者の力不足で多少変えるかもしれませんが、お願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

あふらっくさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント