このページのリンクアドレス

エブリスタ
Distorted split personality

小説 ファンタジー

Distorted split personality

忠源 郎子

悪夢は少年が死んでから。

連載中

451ページ

更新:2017/10/03

説明

自らの置かれた境遇を良しとしなかった一人の少女

彼女がそれを打破した先に待っていたのは、人間と化物が両立した二重人格の少年だった

月の輝く夜に動き出す、異世界ファンタジー



小説初心者なので至らない点が多々ありますが読んで戴ければ何よりです

2009年11月執筆開始



地の文にピリオドが打たれていませんが、仕様です

ご理解の程をよろしくお願いします

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

忠源 郎子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

この作品の参加イベント