このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

鏡がうつすは光と影

小説 青春・友情

鏡がうつすは光と影

みつき

いきなりアイドルになっちゃった少年のお話し。ぐだぐだノンラブコメディー?←

休載中

109ページ

更新:2013/09/17

説明



春夏秋冬(いちとせ)昶。15歳。


「あぁ、今は亡き俺の両親にお金を貸してくれた少おぉし強面の優しいぃいお兄さん達。しがない事務所で金を工面するには中々骨が折れましてね……」

「じゃあオメー自身で稼げや。アイドルにでもなってよ」

「はあ、そう言われましても近頃どうにも不作で………………………って、はっ!?」


11才の時に両親を亡くした昶は唯一無二の妹と共に形見の三流芸能事務所を守り続けて早4年。



「人には多かれ少なかれ分岐点というものがあるのよ、アキ兄さん」



ありがちシークレットアイドルのドタバタ学園生活!!

作者こうゆう系の作品を数多(あまた)と読み耽り、つい思いつきで書いてしまいました
モバ内王道小説となっていますので、悪しからず
完全なるフィクションですが、それを踏まえた上での矛盾点や誤字、脱字等を見つけた場合、掲示板等でご指摘お願いしますm(._.)m

直、この作品は修正するつもりはないので、相当な駄作になると思いますがよろしくお願いします

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません