このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

夕輝

小説 青春・友情

夕輝

〇まっつー〇

太陽のような光明と海のような里央。二人はいつも側にいた。

休載中

46ページ

更新:2011/07/11

説明


俺にとってあいつは眩しすぎた。

「俺、光明。よろしくな!」

「里央、一緒に帰ろうぜ」

あいつが光なら俺は闇。一緒になんかいちゃいけない。あいつに迷惑かかるから。

「里央にとって俺ってその程度だったのかよ」
「違っ‥」

そうじゃない。ただ眩しかっただけなんだ。

あいつが太陽なら俺は海。決して交わることはない。住む世界が違うから。

だけど、あいつは‥。


夕日が海に溶けてくように二人は一番近くにいた。

夕焼けがやけにきれいに見えた。

夕焼けが輝いていた。

夕輝。意味は日の入り。
二人の関係はきっと‥


~主な人物紹介~
紫藤 光明(しどう みつあき)‥高1
森水 里央(もりみず りおう)‥高1

博光(ひろみつ)‥光明の弟‥7歳
六花(りっか)‥光明の妹‥5歳

里功(りこう)‥里央の兄‥27歳

立崎 照彦(たてざき てるひこ)‥光明と里央の担任の先生。

人物名・学校名等は全て作者の想像によりつけられております。よってフィクションであり、実在している人物名・学校名等と偶然一致していることがあっても関連性はございません。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

〇まっつー〇さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません